HOME > 矯正治療について > 子供の矯正治療

子供の矯正治療

子供の矯正治療

子供の矯正治療は、いつから始めたらいいか?どんな治療がいいのか?情報過多な現代では、迷うことも多いものです。
つくば毛利矯正歯科クリニックでは、お子さんの不正噛合・不正歯列(歯並び・噛み合わせの問題)の状態や心身の発育状況、またご本人が歯並びをひどく気にしていたりといった、お口以外の要因もよく考えた上で、ベストな矯正治療のためのアドバイスをいたします。

子供の矯正治療をはじめる時期について

子供の矯正治療をはじめる時期について

子供の矯正治療は、適切なタイミングではじめることが大切です。歯並びの種類によっては、早期矯正治療をおこなったほうがいい場合があります。また、早期矯正治療をおこなっても、永久歯がはえそろったときに再度治療が必要になるお子さんもいらっしゃいます。

以前は、何か不正(異常)があれば、すぐに治療を開始してしまうことが多かったようです。しかし、長期的な研究の結果、早期治療が必ずしも全ての患者さんに有効ではない、ということが明らかになっています。お子さんの今の状態・将来の成長などをよく検討したうえで、個別に診断を行い、適切な治療時期を見出す必要があります。

いつ、どのような治療を行うべきかは、お子さん一人ひとりで異なります。
初診相談では、お子さんの歯並びのお悩みや、ご不安な点をおきかせください。長期的な目でみたときに、お子さんにとって最善の治療開始時期、治療法についてご提案させていただきます。

矯正治療の必要度の指標

歯の生え変わりと矯正歯科の治療

子供の矯正歯科治療は、歯の生え変わりの時期を基準に、早期矯正治療(乳歯が残っている時期の治療)と永久歯の矯正治療(永久歯に生え変わってからの治療)に分けることができます。

子供の矯正治療の種類 対象年齢
早期矯正治療 乳歯が残っている時期(小学校2年生〜6年生頃)
永久歯の矯正治療 小学校5年生〜、中学生、高校生

(1)早期矯正治療(乳歯が残っている時期)

早期矯正治療(乳歯が残っている時期)

乳歯が残っている時期(小学校2年生〜6年生頃)のお子さんの場合、上下の顎[あご]のバランスを整えたり、歯の位置を修正したりすることで、不正咬合が進行するのを予防できる場合があります。ケースによっては、あとからの本格的な治療を行わなくてもよくなることもあります。

早期矯正治療を行う場合、4〜5年後の永久歯に生えかわった時期(12〜14歳以降)のことを、成長も含め長期的に考えながら、治療を進めていきます。お子さんのお口の状態を長期的に見通していくことは、必ずしも容易なことではありませんが、治療の進行をおとうさん・おかあさんにもきちんとご説明し、よくご理解いただいて、安心してお子さんの治療を続けていただけるよう配慮いたします。

子供(〜中高生)の矯正治療例(症例)

(2)永久歯の矯正治療

永久歯の矯正治療

永久歯に生えかわった時期(小学校5年生〜、中学生、高校生)の矯正治療は、お子さんが大人になったとき、健康で美しい歯並び・噛み合わせが実現されていることを最終目的としています。急激に大人のからだへと変化していく時期ですので、顔の成長と関連する骨の成長を見計らいながら、慎重に治療を進めていきます。

永久歯の矯正治療には、大きく分けて

の3通りの方法があります。

お子さんの健康な歯を抜いたり、手術をしたりすることには、不安もあることでしょう。しかし、医学的に見て抜歯や手術を併用したほうが、お子さんにとってベストなケースも数多くあります。
実際の治療にあたっては、ご本人やおとうさん・おかあさんのご要望をよくおうかがいし、専門家としての意見も十分にご説明したうえで、最終的な治療方針を決定いたします。

抜歯・非抜歯について

非抜歯治療⇒抜歯治療に移行した治療例(症例)

初診のご予約

つくば毛利矯正歯科

茨城県つくば市竹園 2-7-8
グランシャリオ竹園102

診療時間
平日:10:00〜19:00
休憩(13:30〜15:00)
土曜・日曜:10:00〜18:00
休憩(13:30〜14:30)
休診:日曜日(※)、祝日
※日曜日は月2回診療いたします。
診療カレンダーをご確認ください。

診療カレンダー

このページのトップへ